top of page

★お客様をお見送りする際のエレガントなマナー★


企業経営をサポートするコンサルティング会社「ディフェンスカンパニー」


経営コンサルタントとして、ビジネスの場における最終印象は極めて重要です。顧客との関係構築において、お見送りのマナーは信頼と尊敬の証となります。ここでは、エレベーターまでの見送り方について考察します。



ドアの開け方

お客様が帰る際、先回りしてドアを開けることは基本的な礼儀です。

これにより、お客様への配慮と尊重の姿勢が示されます。


エレベーターまでのエスコート

エレベーターへの道案内は、ゲストへの最後のサービスです。エレベーターのボタンを押し、待ち時間を短縮することも大切です。


お辞儀による見送り

エレベーターのドアが閉まるタイミングで、丁寧にお辞儀をすることで、敬意と感謝の気持ちを表現します。


雑談のタイミング

エレベーターへの移動中やドアを開ける際は、軽い雑談を交えることで、リラックスした雰囲気を作り出すことができます。


見送れない場合の対応

万が一、急用などで見送りができない場合は、出口までエスコートし、状況を説明することが重要です。簡潔ながら心からのお詫びを伝えることが礼儀です。



これらの細やかな配慮は、お客様にとって忘れられない印象を残します。経営コンサルタントとしてのプロフェッショナリズムを示すとともに、ビジネス関係の深化に寄与するでしょう。


企業経営・危機管理でお悩みの社長様は、どうぞ弊社にご相談のご連絡を頂ければと思います。

2023(令和5)年12月15日(金曜日)

 

大阪から全国

企業問題の対応をお探しなら


営業時間 : 9:00~18:00



●電話番号

06-6362-7555

●FAX番号

06-6362-7556

〒530-0055

大阪市北区野崎町6番8号

トレックノース梅田ビル11F

 

問題解決のプロ集団


 

◆業務内容


☑ 【会社設立・経営】に関するご相談

☑ 【ビジネス】コンサルタント

☑ 【刑事問題】に関するご相談

☑ 【民事問題】に関するご相談

☑ 【企業間トラブル】に関するご相談

☑ 【反社会的勢力(暴力団)対策】に関するご相談

☑ 【財務管理(補助金・助成金)】に関するご相談

☑ 【会社の評価】マネジメント

☑ 【会社内セキュリティ】に関するご相談

☑ 【ムダな残業】をしなくてすむシステム設計のご相談

☑ 【デジタル化・DX化】を進めるご相談

☑ 【会社の危機管理】に関するご相談

☑ 【中小企業支援】に関するご相談

☑ 【更生教育事業】に関するご相談

 

SNS